かっこいいミドルネームの付け方と上手く名付ける3つのコツについて!

スポンサーリンク




外国では、ミドルネームを使うことが多いです。

なかにはかっこいいミドルネームもあり憧れてしまいますよね~。

そんなミドルネームですが

付け方が気になると思います。

また、どんなかっこいいミドルネームがあるのか?

ということも知っておきたいですね。

そこで今回は、ミドルネームの付け方3つのコツや

かっこいいミドルネームをご紹介していきたいと思います。

ミドルネームの付け方について

ミドルネームとは、苗字と名前の間に入る名前のことです。

外国では、ミドルネームを付ける国が多くあり

ミドルネームの付け方はいくつかあるので

それぞれ紹介していきたいと思います。

①キリスト教の洗礼名

キリスト教の信仰が厚い国では、キリスト教の洗礼名をミドルネームに付けることが多いです。洗礼名は、キリスト教徒になる際に教会で付けられます。ヨーロッパにはキリスト教徒が多く、洗礼名をミドルネームに付けることが多いのです。

②先祖の名前や旧姓、母方の姓

ミドルネームには、先祖の名前や旧姓、母方の姓を付けることも多いです。ルーツを大事にしている外国人が多く、そのため先祖を敬います。そのためミドルネームに先祖の名前を付けるのです。また、女性の場合は結婚してから、旧姓をミドルネームする場合もあります。さらに、子供のミドルネームに母の旧姓を付けることもあるのです。

③尊敬する人物

ミドルネームは、基本的にどんな名前を付けても大丈夫です。そのため、尊敬する人物をミドルネームに付けることもよくあります。憧れているからこそ、名前だけでも同じにしたいのでしょう。

かっこいいミドルネームを紹介!男性編

①ジョージ

欧米で人気があり、かっこいいミドルネームがジョージです。

ジョージと言えば、イギリス王室のジョージ王子が有名です。

ジョージは古くから使われている名前であり

昔から人気のある名前のひとつとなっています。

②ヘンリー

英語圏でよく使われるミドルネームのひとつがヘンリーです。

ヘンリーもまた、イギリス王室のヘンリー王子が有名となっています。

ちなみに、ヘンリーの愛称はハリーであり

ヘンリー王子も非公式の場ではハリー王子という通称で呼ばれているのです。

③フランシス

英語圏では、フランシスもミドルネームに付ける名前です。

フランシスは、まさにオシャレでかっこいい

ミドルネームと言えるでしょう。

ちなみにフランシスは

フランス語ではフランソワ

イタリア語ではフランチェスコに該当する名前です。

かっこいいミドルネームを紹介!女性編

①アン

かっこいいミドルネームとしてはアンがおすすめです。

ストレートでスマートなミドルネームとなっています。

日本だと「赤毛のアン」のイメージが強いのではないでしょうか?

どの国でも発音しやすくて、使いやすいミドルネームとなっています。

②ミランダ

ミランダもかっこいいミドルネームのひとつです。

オーストラリアのモデルであるミランダ・カーが有名ですが

かっこいいイメージがあるミドルネームとなっています。

ちなみに、ミランダは地名などでも多く使われています。

③ダイアナ

英語圏で人気のあるミドルネームがダイアナです。

イギリス王室のダイアナ妃やアメリカの歌手である

ダイアナ・ロスで有名な名前となっています。

ダイアナはローマ神話の月の女神の名前であり

かっこいいミドルネームとなっています。

まとめ

今回は、ミドルネームの付け方やかっこいい

ミドルネームを紹介してきました。

ミドルネームは、キリスト教の洗礼名や

先祖の名前などから付けることが多いのです。

ミドルネームには、かっこいいものが数多くあり

そのため、もし国際結婚を!

と考えている方はミドルネームも考えておきましょう!

【関連記事】

イギリスよく使われるミドルネームの特徴!カッコイイのはどれ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク